« 大阪王将 醤油ラーメン | トップページ | 弟子屈(てしかが) 魚介しぼり醤油ラーメン »

2011年10月30日 (日)

旬菜酒房 わいも シャモ骨白濁ラーメン

「旬菜酒房 わいも」さん シャモ骨白濁ラーメン 850円

Ca3j0146

静岡人さんのブログ旬菜酒房 わいも さんのことを知りました。お酒もおつまみもとてもおいしそうだし、大将と女将も魅力的!さらにはこちらのシャモのラーメンnoodleがとてもおいしいということで 今夜2度目のチャレンジをしました。

初回は、満席で入れませんでした。きょうは5:30OPEN直後に到着したところ、ちょうど2席だけ空いていて(あとは皆予約)ラッキーでした。人気店ですね。予約をして行った方が確実ですね。

ただ、こちらはラーメン屋さんではないので、ラーメンだけの注文はご遠慮くださいね。でもでもお酒もおつまみも びっくりしちゃうくらい美味しかったですよ。

素材がいいし、みな手作り。例えばカキフライのタルタルソース「今大将がつくったばっかりです。」だそうで、それはそれは具がたくさんで美味しゅうございました。

Ca3j0140

まぐろのお刺身 新鮮!脂がのってる!もちろん本わさび

Ca3j0141

黒はんぺんのフライ さっくさく!はんぺんのものがよい!

Ca3j0142

カキのフライ タルタルソース(手作り)絶品!!!カキの質もいい~。

Ca3j0144

豆腐にラー油(サクラエビ入り)のかかったサラダ うま~っ

Ca3j0145

1杯目はヱビスの生ビール 普段 第3のお酒を飲みなれているゆえ しみるおいしさ!店内にあったヱビスの生ビールサーバーもかっこよかったなぁ。

2杯目は梅酒にしました。焼酎や梅酒の種類がとても多いので特徴をお聞きして選ぶとなおいいですね!私はわいもさんオリジナルの「すっぱいですよ」という梅酒にしました。

通常お店で出される梅酒というと甘くてジュースみたいだと思ってしまうのですが、こちらの梅酒は本当にお酒の味が濃厚でした。運動した後だったので酔いが回ってしまってこの後大変でした・・・。coldsweats01

そして、〆はラーメン!白濁にしましたが、ブラックもあります。こちらは醤油ベース(魚骨出汁にたまり醤油)のようです。ぜひ、ブラックもいただきたいです。

豚骨みたいですね~。すごく濃厚でクリーミーなスープで、麺は細くて腰があるタイプ。びっくりするくらい美味しかったです。そうとう研究して作られていますね!他のおつまみを見てもわかりますが。

Ca3j0148

散々飲んで食べた後なので1杯を取り皿に分けていただきました。

Ca3j0149

Ca3j0152

シャモのおさしみなど シャモのおつまみもありますが、予約しておく必要のあるものもあります。

わいもさんの大将と女将のブログがありますので、そちらで詳しい情報をご覧ください。

2人で10000円弱でした。こだわりの感じられるいい居酒屋さんですね。また行きたいです。絶対にラーメンで〆たいです。

◆静岡わいも 女将「いくちゃん」のリアル日記

◆静岡わいも 大将の旨いもん日記

似顔絵そっくりでした。もう一人可愛くてよく気の利くお姉さんが気持ちよく接客してくださいました。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

|

« 大阪王将 醤油ラーメン | トップページ | 弟子屈(てしかが) 魚介しぼり醤油ラーメン »

静岡市」カテゴリの記事

コメント

私はいきなりラーメンをたのんでしまうこともしばしばあります。

〆でラーメンという考えがあまりないのかも。

良かったですね。

私もゆーこりんさんのブログを見てまた行きたくなりました。

でも、何を食べてもここ美味しいんですよね。

いつも迷うのですが・・・

投稿: 静岡人 | 2011年11月17日 (木) 22時41分

◆静岡人さん
いい居酒屋さんを教えていただいて感謝しています。
どれを頼んでもびっくりするくらい美味しかったです。
お値段はけっこういいですが、納得のいく味を堪能できました。

ブラックのラーメンもいただいてみたいです。
静岡人さんの「おいしい!」はみな当たります。wink
好みが合うんでしょうね!また、ブログ拝見して足を延ばします。

投稿: ゆーこりん | 2011年11月18日 (金) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156044/53115263

この記事へのトラックバック一覧です: 旬菜酒房 わいも シャモ骨白濁ラーメン:

« 大阪王将 醤油ラーメン | トップページ | 弟子屈(てしかが) 魚介しぼり醤油ラーメン »